超人気ミラクルみらくるミラクルtakaのマヤ暦占い

マヤ暦を学んだ人は、人生の「幸運地図」を持つことになります。 マヤ暦鑑定占いは、占いというより子育ての方法や仕事や家庭など人間関係の改善また婚活などにも有効です‼️

今話題 キンナンバー物語

(シンクロ通信より)
「今日の旬な話題キンナンバー物語」
 
 故郷に帰省し、神仏に触れる時期だ。今年のお盆休みは曜日の並びから、めったにない大型連休になった。いつにも増して、故郷で長く過ごす人は多いはずだ

増え続ける外国人観光客の間で体験型ツアーが人気だが、今ごろなら、夏祭りや盆踊りへの関心が高いという。お盆に帰ってきた先祖と現世の人々が交信する。明治期に来日したラフカディオ・ハーンもそうだったように、日本の精神文化に魅了される外国人は少なくない

お盆には、水木さんの故郷でも迎え火がたかれる。送り火をたく日には、のんのんばあが「来年またござっしゃれや」と叫ぶ。そしてわらの舟にナスやキュウリの供物を乗せた精霊流しが海に向かう。幼い水木さんは「僕はいよいよ、まだ知らない世界の実在を信じこんだ」という

お盆が来るたびに、目に見えない畏怖(いふ)すべきものの存在を感じる。日本の夏にはまだそんな神秘さがある。》

このコラムに登場する人物をみてみると、水木しげるさんは1922年3月8日生まれ  K89 赤い月  青い嵐  音11。ラフカディオ・ハーン小泉八雲)氏は1850年年6月27日生まれ  K180  黄色い太陽  白い犬  音11です。

水木しげるさんは『ゲゲゲの鬼太郎』はじめ、妖怪ものを世にヒットさせた独自路線の漫画家です。またラフカディオ・ハーン氏は『耳なし芳一』や怪談・奇談を数多く世に出しています。

2人と「神秘的な存在」の接点をキンナンバーから探ってみると、まず銀河の音がともに「11」。「音11」は、常識や既知の領域の影響を最も受けない斬新なイメージです。さらに改革的なエネルギーに満ちているため、どんなことでも一度関心をもつと、相当深入りするのではないでしょうか。

さらに2人は「青い嵐」と「黄色い太陽」という「冥王星」に属する紋章をもっています。この冥王星は、「未知」「神秘」「超越した存在」などに強い関心をもつ傾向があります。

他にも様々な要因はあるでしょうが、この辺りがすぐに思いつくことでしょうか。

日々の歩みの中で、私たちの常識や想定を超えた存在や出来事が数多くあることをまずもって知ることです。そもそも人類が解明できていることは未だ「4%」ともいわれています。この「4%」は、数年前に千葉・幕張で行われていた「大宇宙展」の入口に、当時大々的に記されていました。

たった「4%」にも関わらず、人間はいつしか傲慢になり、謙虚さや探究心、子どものような好奇心、そして純粋さを失うことがあまりに多い現実を目にします。とても残念なことです。

また先人の歩みや歴史を知ることで、多くの学びをも得るでしょう。「流れ」を知り、察知する力を多少なりとも身につけると、自分の未来がおぼろげながら見えてくるのではないでしょうか。
 

マヤ暦占い鑑定に興味ある方は下記ライブドアプログまたはハテナプログ見てみてください。

 

(ライブドアプログ)

http://www.ミラクルみらくるミラクルtakaのマヤ暦占い.com